車を売る際に高く売るコツ< 自分でできる掃除の実践>

車売る際に高く売るコツ 自分でできる掃除の実践

少しでも高く車売ることを考えるのでああれば、ある程度の手間をかけることを惜しんではいけません。

 

それこそ、自分でできることは自分でするのが基本です。その方が、査定の際に高い金額を出してもらうことができるからです。そして、自分でできることの中に、車の掃除をするという行為が含まれます。

 

中でも車の外観については、査定額を左右するものなので、時間や労力を惜しむことなく、積極的に行なっておきたいところです。ここでは、査定額をアップするための車の外部の掃除についてお話します。

 

まずやらないといけないことは、洗車です。洗車をしても大したことないのではと感じる方も居るのですが、実はそんなことはないのです。洗車の1つでも、査定額に大きく影響するのです。というのも、洗車をしたかどうかについては、査定士の目から見れば一目瞭然だし、洗車をした上で車売る行為に繋げるということは、車を大切に扱っているとみなされるのです。そう考えると、洗車をすることに対して無駄なことはないのです。
ただし、単に車を水洗いしただけでは意味がありません。洗車で汚れの一部を取り除くことはできますが、しつこい汚れについては、取り除くことができないからです。こんな時に必要になるのが、ワックスがけです。

 

特にしつこい水垢などについては、ワックスをかけることによって、取り除くことができるようになります。これは1回でもトライしてみれば、はっきりと違いが分かります。

車売る際に高く売るコツ キズを見つけた場合の対処

車売る際の査定額を高くするために洗車をしていると、洗車前とは比べ物にならないほど、車がピカピカになります。しかし、それとは逆に、洗車をすることによって、車にキズがあるのを発見することもあります。もちろん、この際も賢明に対処していきたいところです。では、万が一車にキズを発見した場合、どういう行動をすれば良いでしょうか。

 

こういう場合、そのキズを自分で修復できるかどうかについて考えれば良いのです。もし自分で修復できるようなキズであれば、自分で修復してしまえば良いでしょう。ただし、この場合は小さいキズの場合です。もしキズを上手く修復してしまえば、その部分は目立たなくなるので、査定額が下がることについては、そこまで下がることはありません。

 

ただし、査定士の目は非常に鋭いので、キズが存在したことについては気づかれてしまうので、大きくプラスの評価になることもありません。キズの対処をする場合は、その点はきちんと理解した上で行なう方が良いでしょう。

 

では、キズを自分で対処できない場合はどうでしょうか。この場合は、無理してキズを修復しようと考える必要はありません。というのも、こういう時にキズを自分で対処しようとすると、かえってキズが深くなってしまうので、プラスの査定どころかマイナスの査定しかつかなくなってしまうからです。

 

これは、自分で自分の首を絞めてしまうようなものなので、決して賢明な対処とは言えません。それならば、キズの部分はそのままにしておいて、査定に出す方が無難です。